太陽光発電の仕組み

MENU

太陽光発電の仕組み

少し難しい話になります。

 

専門的な部分なので、太陽光発電を購入する際に知っておくべく情報ではありません。
どうしても、知りたい方は参考にしてください。

 

●太陽光が発電機の半導体にあたると、プラスとマイナスが発生します。

太陽光発電装置は半導体でできています。
半導体の原子は、太陽光があたるとプラスとマイナスに別れる性質があります。
このプラスとマイナスの発生が、電気を作りだすための初期段階になります。

 

 

●太陽電池の半導体は、2種類あります。

プラスとマイナスが発生しただけでは、まだ電気は作られません。
そこで、太陽光発電装置の中の半導体は、
あらかじめプラスが集まる「P型半導体」と、マイナスが集まる「N型半導体」の2種類に分けられています。

 

 

 

●プラスとマイナスが、別々の半導体に集まる。

この時点で、プラスとマイナスが両極にはっきりと分けられ、
電池として機能する準備が整います。
プラスとマイナスが、別々の半導体に集まります。

 

 

 

●2つの別れたプラスとマイナスの間に電圧が生まれ、半導体が「電池」になります。

乾電池と同じように、プラスとマイナスの間には電圧が発生します。
そして、プラスの電極となった「P型半導体」と
マイナスの電極となった「N型半導体」に電線をつなげると電気を取り出されます。

 

 

太陽光発電の金額について

★太陽光発電の初期の金額は、おおよそ、
地域や、住宅事情によったり、システムの規模にもよりますが
おおよそ、200万円くらいが多いと言われています。
※最近では、補助金が減った代わりに、売電代が高くなったり、購入費が安くなったりしています

 

しかし、そこから、補助金を差し引いて考えると、大きく価格は下がります。
※補助金については、地域によっても変わります。

 

導入する、メーカー、システムや規模や補助金についても、
地域や住宅事情にもよって変わるので、やはりまずは見積りから始まります。

 

いくら一般的な知識を勉強しても、それが自分にあてはまるかどうかがわからないからです。

 

それに業者によっても金額が変わるので、注意が必要です。

 

ネットで調べると、中間業者を省いて、導入費用を抑えるというような業者もあるようですが、
実際に、そこの業者だけで調べても、他と比べる基準がなければわかりません。

 

それに、見積は、その住宅事情にもよって変わるので、
どこが安いのか?
というのは、自分で見積を請求してみないと、わからないのです。

 

太陽光発電の費用(コスト)

世界的にも自然エネルギーが注目を集めている中で、その中でも太陽光発電はもっとも注目されています。
しかし、その費用について疑問に思っている人も多いようです。

 

太陽光発電の導入費用は販売店によって大きく異なります。
ネットで検索しても多くの業者があるので、ひとつに決めるのはなかなか難しいと思います。

 

もしも、選択を間違えて相場よりも高い費用がかかってしまっては、後悔することになります。
見積もりの内容よっては、数十万円もの価格の差が開く場合もあります。
※あわせて補助金の種類や内容も知っておくことが大事になります。

 

そこで、多くの業者と一括で見積ができるサイトがあるのですが、
そのようなサイトもネットで検索すると、たくさん出てきて、
どこのサイトが一番いいのか?
わからなくなると思います。

 

★実際に私も太陽光発電を購入するにあたり、
ネットで検索していたときに、比較するサイトやランキングサイトが
たくさん出てきて、本当にいいサイトがわかりませんでした。

 

 

 

太陽光発電を購入する前にみつもり

・どこが一番安いのか?
・どうやって一番いい業者を探せばいいのか?
・自分の家、住んでいる地域にあった業者はどうやって探すのか?などなど。
それらを解決するために、ネットをめぐりました。

 

その結果、太陽光発電を購入する前に
どこのサイトをチェックすればいいのか?
というのがわかるようになりました。

 

●住んでいる地域、自分の住んでいる家の屋根の形状など。
その人によって様々な状況があります。

 

だから、まずは一括見積もりできるサイトで
見積もりすることが重要になります。

 

サイトによっては、シュミレーションができたり、
全国の自治体別の補助金の説明なんかもあったりします。
そのようなサイトをうまく活用して、
良心的な価格で販売している業者、自分にあっている業者を見つけましょう!