長州産業の太陽光発電を総合的に比較する

MENU

長州産業の太陽光発電を総合的に比較する

太陽光発電システムを比較する場合には、品質、価格、性能など総合的に行う必要があります。
しかしながら太陽光発電は、太陽光パネルの素材だけでも単結晶シリコン、多結晶シリコン、薄膜、化合物系などに分類され、その特徴も違うため、単純に比較するのは非常に難しいといえます。

 

太陽光発電業界を引っ張る長州産業

今太陽光発電業界の中でも注目を集めている長州産業について説明したいと思います。
もともと長州産業はサンヨー製の太陽光パネルを販売する会社でしたが、2009年から本格的に自社製の太陽光パネルを販売し始めました。
そのため長州産業という名前はまだあまり知られておらず、地方の太陽光発電販売業者や施工者に長州産業のパネルについて尋ねてもあまり情報を持っていないというデメリットもあります。

 

しかし、保証の面で他のメーカーの追随を許さない手厚さがあるため、その人気は今後さらにあがっていくと思われます。
太陽光パネル自体の10年保証の他に、施工によって雨漏りをするようになってしまった場合の保証も行ってくれます。
こういった手厚い保証はメリットになりこそすれ、デメリットにはなりませんね。

 

また長州産業は同一自社工場ですべての部品を賄っているため、低コストも実現しています。
気になるのはその発電量ですが、自社製の発電モジュールは260Wの発電量を誇り、これは数あるメーカーの中でもトップクラスです。
そのため少ないスペースでも家庭で使用する十分な電気量を得ることができるわけです。
屋根に十分なスペースがない場合などに、この長州産業の太陽光パネルが大活躍するのですね。
こういったように、導入するにあたってデメリットが少なく、メリットが多い長州産業の太陽光発電は、これからの太陽光業界を引っ張っていく要となることが期待されています。

 

 

もっと詳しく知りたい人はコチラのサイトを参考に!
太陽光発電メーカー比較ランキング
とても信頼ができるサイトです。

 

※こちらの専門サイトがわかりやすくて参考になりました。

 

長州産業の太陽光発電の評判

長州産業は、パナソニックや京セラといった誰もが聞いたことのある大手メーカーではありません。
しかしながら、製品保証だけでなく、10年間の施工保証もついているだけに、施工基準がしっかりとしていて、信頼の出来るメーカーと言えるでしょう。

 

太陽光発電は現在、普及期にある設備なので、飛び込みによる営業なども非常に多いようです。
しかし、飛び込みによる営業を行っている施工業者は、京セラやパナソニック、シャープなどの大手メーカーの製品を勧めてくることが多く、長州産業を勧めてくる業者はあまりいません。
これは、長州産業が施工認定店制度を取っていることが要因の1つではないでしょうか。

 

そのため、長州産業の太陽光発電の評判をネットで調べても、他のメーカーに比べて情報は少ないようです。
しかし、評判が少ないという事は決して評判が悪いという事ではありません。
一般的に太陽光発電のクチコミを書くような場合、非常に満足しているか、何らかの不満があるかのどちらかで、おおむね満足していて、マイナス評価が少ないようなケースは情報として挙がってこない傾向があるからです。

 

実際に長州産業で太陽光発電を導入した人の声としては、誰もが知っている大手メーカーではないからこそ、価格面で非常に満足度が高いというものが多いです。

 

 

 

もちろん、価格が安くて高性能な太陽光発電が好ましいのですが、技術的に今のところ難しく、太陽光発電を選ぶ時には、両者のバランスをどこでとるかという事が必要になります。
太陽光発電のしくみそのものは、非常にシンプルなので、パワーコンディショナー、接続箱、メーター、モニター表示器など、パネル以外の周辺機器は、長州産業も他のメーカーも性能や価格に大きな差がありません。

 

太陽光発電の導入価格の差は、太陽光パネルの種類と設置工事費に関する部分が多くを占めており、メーカー比較と言うよりも、施工業者に大きく依存する面があるようです。
そのため、太陽光発電はメーカーを比較することよりも施工業者を比較、検討し、見極めることが非常に重要だと言えるでしょう。

 

とはいうものの、長州産業の太陽光発電は、製品、施工の品質、アフターサービスを含めた保証制度、価格、性能などから総合的に判断すると、かなり満足できるバランスのよいメーカーと言えるでしょう。
あとは、信頼できる施工業者を見つけることができればいいのですが、長州産業は施工認定店制度を取っているので比較的見つけやすいでしょう。

 

 

長州産業の太陽光発電を価格で比較する

太陽光発電のメーカーは様々なため、多くの人は設置前に比較、検討を行うでしょう。
単価は、出力1キロワットあたりの価格で比較されることが多いようですが、最終的には製品の特性や性能、価格などで総合的に判断されることでしょう。

 

パネル素材によって、変換効率やコストなどは大きく変わってきますが、長州産業の価格は性能の割に比較的低価格と言えるでしょう。
長州産業は、大手メーカーのような知名度による安心は少ないかもしれませんが、製品の品質も心配するようなものではありません。
むしろ長州産業は、一貫生産体制によって品質の管理には力を入れているメーカーであるという印象を受けます。

 

太陽光発電は、訪問販売で購入を決める方も多いですが、決して安い買い物ではありませんから、しっかりと比較検討することが大切です。
特に訪問販売では、総額で話をまとめようとする傾向がありますが、性能と価格のバランスをしっかりとチェックをし、導入コストの回収見込みやアフターサービスなどを確認してから購入することが大切です。

 

一般的に、販売価格には、施工業者の利益分が上乗せされています。
また、製品価格の上乗せ分を施工価格に計上して、製品の価格を安く見せるようにしている施工業者もありますから、見た目の価格に惑わされないように注意しましょう。