MENU

太陽光発電の買い時は?

太陽光発電導入の補助金や余剰電力の買い取り価格は、今後どんどん下がっていくとみられています。

 

早いうちから太陽光発電を導入した家と、システムの値段が安くなってきてから導入した家との間で不公平がないようにするためです。

 

 

しかし余剰電力の買い取り価格は10年固定なので、
まだ価格がそれほど下がっていない今のうちに導入した方が、高い買い取り価格を維持できると言えます。

 

自分の家の電気代をカバーして、更に余った電気を買い取ってもらうことで、
導入にかかった初期費用を回収することができます。

 

早く初期費用を回収するためには、発電効率の良いパネルを使用したり、コストのかからないメーカーを利用したりすることが大切です。

 

 

自分の家に最適なメーカーを探すには、一括見積もりがおすすめです。
ひとつの業者が持っている商品情報は、自分が扱っているメーカーが主で、
扱っていないメーカーの情報はあまり持っていない場合はあります。

 

一括見積もりで複数の業者から情報を集めることが、太陽光発電を導入する第一歩です。

 

あらかじめ相場などの知識を一括見積もりで仕入れておいて、補助金の申請が始まった時に導入するという手もありますね。

 

 

絶対に知っておくべき情報がたくさんあるのでチェックしておいてくださいね!

 

 

太陽光発電の設置費用は元が取れるのか?

●太陽光発電を設置するにあたりまず、抑えておかないといけないのは、

 

・地域によって、補助金や業者の見積り金額も変わる
・自宅の屋根などの形状により、費用が変わる
・住んでいる地域のよっては、日照時間などで、期待できる発電量が変わる。

 

要は、全国で一般とされる数値を基準としても、それは
自分には当てはまらないということです。

 

それで終わってしまっては、このサイトの意味がなくなるので
一応、現在の平均としては、
おおよそ、10年くらいで初期の費用が回収できると言われています。

 

これも平均ということなので、自分に当てはめるのは、やめたほうがいいと思います。

 

では、どうしたらいいのか?

 

当サイトでも、何度も説明しておりますが、
やはり1社でも、多くの業者から見積をとることです!

 

 

繰り返しになりますが、
太陽光発電を設置するには、それなりの金額の投資になります。
現在は、補助金も
・都道府県
・市町村
それぞれの自治体から、あわせて補助金をもらうことができて、
太陽光発電の機能も充実してきているとはいえ、
簡単に導入を決めるわけにもいきません。

 

だから
・多くの地元の業者から見積りを取る。
・その中から、最適な業者と実際に会ってから、判断してみる。

 

実際に地元の業者と合わずに、金額などの条件だけで決めてしまうと、トラブルの元になります。

 

よく聞くのが、見積の時点では、いい対応だったけど、
実際に施工が始まったら、対応が変わった
など。
人間性でトラブルになることも知っておいてください。

 

だから、太陽光発電を設置する際は、直接、業者とも会い
時間をかけて判断するほうがいいいと思います。